横綱物語

「横綱物語」へアクセスありがとうございます。 10代の頃に相撲に目覚め、自他共に認める相撲好き。 相撲の3要素「文化」「歴史」「観戦」を深めながら、今日も日々鍛錬中・・・。 一番困る質問は、「誰が好き?」 全ての要素込みで相撲が好きなんで。 貴乃花親方を崇拝しています。何でかはいずれ・・・ あぁ吾輩も力士になりたかったw そんな相撲ブログ「横綱物語」。 スーファミのソフトの横綱物語とは関係ないです・・・ 暗黒時代を抜けて人気の出てきた大相撲。 このブログで少しでもプラスαの情報発信できれば嬉しいです。

横綱物語 イメージ画像

更新情報

3回にわたって書いてきました、「思い出の一番ベスト3」。今回がラストです、第1位ですね。最後はマニアックです。『1997年 秋場所 貴乃花ー小錦戦』たしか10日目とか11日目ぐらいだったと思います。この一番は自分がリアルタイムで見てきた取組の中ではダントツの一番
『思い出の一番ベスト3 第1位【平成9年秋場所 貴乃花VS小錦。ぶつかり合うプライド】』の画像

「千代の富士お別れの会」行って参りました。 あいにくの雨にも関わらず5000人が参列と、改めて千代の富士人気を実感。 そして同時に違和感も… あれだけの力士が国技館で行うセレモニーであれば、どう考えても協会葬でしょう…。 ちなみに「協会葬」を行う基準は、”功
『ウルフ最期の雄姿【国技館最初の覇者は、国技館が一番似合う】』の画像

以前に書いた、自分のファン歴の中で心に残る・思い出の一番ベスト3。今回は第2位。ベタです。「1991年 夏場所 初日」ここまで書けばそこそこの相撲ファンならわかるでしょう・・・そうあの「貴花田ー千代の富士戦」ちょっとの相撲好きなら、誰でもあげそうな取組ですが
『思い出の一番ベスト3 第2位【平成3年夏場所千代の富士VS貴花田。日本国中が見守った世紀の一番】』の画像

ついに帰って来ますよ、あの男が・・・。長かったですね。秋場所は、幕下山口や序の口舛ノ山復活にスポットが当たりましたが、彼にとってもチャンスの場所でした。そう、竜電が十両の土俵に戻って来るのです!伝説の藤島部屋猛稽古の礎を築いた師匠の厳しい指導と、実直で真

ということで秋場所も無事に終わりました。力士の皆さん本当にお疲れました。最後に今場所の総括をしたいと思います。(豪栄道は既に書いたので省きます)「日馬富士」白鵬不在の中、かなり気負っている部分があったような気がします。以前書いた、優勝の翌場所良くないジンク

いや天晴です。 何が良かったかは色々書いたのでもう言わないですが、今場所は本当に強かったです。  大阪出身の優勝力士は山錦以来86年ぶりで、初優勝が全勝なのは武蔵丸以来22年ぶり、そして日本人力士(面倒なのであえてこう言っておきます。)の全勝優勝は貴乃花以来2

↑このページのトップヘ