横綱物語

「横綱物語」へアクセスありがとうございます。 10代の頃に相撲に目覚め、自他共に認める相撲好き。 相撲の3要素「文化」「歴史」「観戦」を深めながら、今日も日々鍛錬中・・・。 番困る質問は、「誰が好き?」 全ての要素込みで相撲が好きなんで。 貴乃花親方を崇拝しています。何でかはいずれ・・・ あぁ吾輩も力士になりたかったw そんな相撲ブログ「横綱物語」。 スーファミのソフトの横綱物語とは関係ないです・・・ 暗黒時代を抜けて人気の出てきた大相撲。 このブログで少しでもプラスαの情報発信できれば嬉しいです。

横綱物語 イメージ画像

更新情報

最近の相撲界は非常に頑張っていると思う。若貴時代という、人気の柱を持った人気黄金時代から一転、存続の危機さえも囁かれた暗黒時代を超えて見事に復活した。特に今回の相撲人気は、大きなヒーローを持たない全員一丸となっての人気回復!これは大いに評価しても余りある

相撲好きの方には、『思い出の取り組み』があると思います。今回は、定期更新の日ではありませんが、自分のファン歴の中で心に残る・思い出の一番ベスト3を紹介したいと思います。まぁ、相撲ファン歴の長い年配の方などは、見てきた取り組みの総数が違うので、自分のものな
『思い出の一番ベスト3 第3位【平成4年春場所霧島VS小錦。荒れる春場所、混戦を制したのは。】』の画像

巡業が行われておりますが、昨日は盛岡で錦木が大人気だったそうですね。「巡業」、これは沢山ある相撲の良い部分の一つだと思います。メジャーなスポーツ(神事ですが、あえてこう呼ばせて頂きます。)の中で、これほどローカル色が強くて、ファンとの距離が近い競技あります

個人的な話になりますが、私は生まれる前に祖父を亡くしているので、人生の中で「おじいちゃん」というものがいた事がありません。そんな中、結婚したことで義祖父というのでしょうか?はじめて「おじいちゃん」が出来ました。90歳を超えていますが、記憶力も抜群ですこぶる

宇良、石浦、少し前では舞の海や鷲羽山・・・。小兵力士はいつの時代も人気があるものです。そんなときにいつも言われるのが、「もう少し体が大きかったら横綱だね」「もうちょっと背があれば・・・」いえ違います、この体だからこその相撲なんです、逆に小錦や曙だからあの
『小さな力士と大きな力士【舞の海、宇良、小錦、曙それぞれに上手さがある。】』の画像

九重親方が逝かれて、一週間近くたちました。それなりに報道もされていますが、都知事選やオリンピックが近いので、個人的には報道が少ないと思っている。もっと特番とかやってくれよ・・・とまぁ、気をもむ毎日ですが、気を取り直して前回宣言した通り、今回は「九重親方の
『ウルフの残したもの【九重親方として、千代の富士が残した功績は大きい。千代大海らには継承を望む。】』の画像

↑このページのトップヘ