横綱物語

「横綱物語」へアクセスありがとうございます。 10代の頃に相撲に目覚め、自他共に認める相撲好き。 相撲の3要素「文化」「歴史」「観戦」を深めながら、今日も日々鍛錬中・・・。 番困る質問は、「誰が好き?」 全ての要素込みで相撲が好きなんで。 貴乃花親方を崇拝しています。何でかはいずれ・・・ あぁ吾輩も力士になりたかったw そんな相撲ブログ「横綱物語」。 スーファミのソフトの横綱物語とは関係ないです・・・ 暗黒時代を抜けて人気の出てきた大相撲。 このブログで少しでもプラスαの情報発信できれば嬉しいです。

横綱物語 イメージ画像

2017年04月

今回ご紹介させて頂きます一冊は、角界のベッカムと言われた琴欧洲の自伝。「今、ここで勝つために」 鳴戸親方(元大関琴欧洲) 読んだ感じの第一印象は、文章が簡単な感じで琴欧洲っぽいです(笑)そういえば、琴欧洲も現役中からブログを書いてましたね。琴欧洲のことを初
『今、ここで勝つために【心優しい角界のベッカム】』の画像

さて、そろそろ夏場所が近づき、相撲ファン達はそわそわしてきました。夏場所は平成の大横綱の弟子で、日本人期待の若手貴源治の新十両が話題になっており、私も大いに期待しております。が、一方でそれ以上にお兄ちゃんの貴公俊には、頑張って欲しいと切に思っています。巡
『あと少し【今が辛抱、頑張れ貴公俊!!絶対上がれる!】』の画像

白鵬の国籍問題が話題になることが多いため、「日本国籍の者のみ親方になることが出来る」という国籍ルールは、比較的メジャーになってきました。そんな中、以外に知られていないのが、外国人(外国出身)力士のルール。現在、「外国出身力士は、総勢40名各部屋1名」と決まって
『外国人は1部屋1人で良い?【外国人力士の在籍ルール】』の画像

昨今の相撲人気とともに一般化した”スー女”。メディアにもスー女代表として、様々な女性が登場しています。そして、本場所などの現場でも若い女性ファンが沢山います。そんな中、時々耳にするのがどこまで(誰まで)認めるか論争。ミーハー的なノリで見ているので、本当の相

上位陣が軒並み休場していた春場所後の巡業。そんな中、靖国神社から白鵬、照ノ富士、豪栄道の3人が復帰!これで盛り上がりますね・・・と言いたいところですが・・・非常に複雑です。先日私が行った巡業でも、上位陣での取組出場は鶴竜だけで、日馬富士は土俵入りのみ出場。

↑このページのトップヘ