横綱物語

「横綱物語」へアクセスありがとうございます。 10代の頃に相撲に目覚め、自他共に認める相撲好き。 相撲の3要素「文化」「歴史」「観戦」を深めながら、今日も日々鍛錬中・・・。 一番困る質問は、「誰が好き?」 全ての要素込みで相撲が好きなんで。 貴乃花親方を崇拝しています。何でかはいずれ・・・ あぁ吾輩も力士になりたかったw そんな相撲ブログ「横綱物語」。 スーファミのソフトの横綱物語とは関係ないです・・・ 暗黒時代を抜けて人気の出てきた大相撲。 このブログで少しでもプラスαの情報発信できれば嬉しいです。

横綱物語 イメージ画像

2017年06月

名古屋場所番付発表されましたねー。今場所マスコミ的に一番の注目は、新大関高安でしょう。新大関優勝を狙ってるらしいですが、もし成し遂げれば、9人目の快挙らしいです。ん?これまで8人って新横綱優勝よりは事例が多いのか。昇進した数が違うとはいえ、昇進の勢いに乗っ

今回は、以前紹介した貴乃花22回の優勝で、特に思い出に残った2回の優勝を語らせて頂きます。まずは・・・1996年秋場所初の4連覇全勝で達成し、相撲ファンの中では「貴乃花全盛期」と言われている場所です。個人的には、全盛期という表現よりも、貴乃花の四つ相撲が、最も完
『記憶に残る貴乃花2回の優勝【最強時代と再強への瞬間】』の画像

「お相撲さんってどうやったらなれるの?」結構よく聞かれる質問です。相撲界に入るには、新弟子検査に合格しなければならず、合格基準になるためには下記のような条件があります。167㎝以上、67㎏以上この条件に続き、内臓検査をパスすると、晴れて力士になることができます

ついに誕生しました、旭天鵬率いる新生「友綱部屋」!先日誕生した鳴戸部屋に続き、日本出身以外の力士が起こした3つ目の部屋ですが、この部屋にはまた違った想いがあります。2000年代の相撲界を支えてきたモンゴル勢ですが、時代を作り土俵の主役になればなるほど、「日本人
『新生友綱部屋誕生!【もうモンゴル出身とは言わせない】』の画像

さて、神対応シリーズ。一見怖そうで、以外に思うかもしれませんが、今回は、横綱。日馬富士公平これまで紹介してきた力士は皆さん関脇以下なので、比較的距離も近いですし、周りのガードもおおらかです。しかし大関以上になってくると巡業とはいえ付き人ガードも強く、横綱

↑このページのトップヘ