横綱物語

「横綱物語」へアクセスありがとうございます。 10代の頃に相撲に目覚め、自他共に認める相撲好き。 相撲の3要素「文化」「歴史」「観戦」を深めながら、今日も日々鍛錬中・・・。 一番困る質問は、「誰が好き?」 全ての要素込みで相撲が好きなんで。 貴乃花親方を崇拝しています。何でかはいずれ・・・ あぁ吾輩も力士になりたかったw そんな相撲ブログ「横綱物語」。 スーファミのソフトの横綱物語とは関係ないです・・・ 暗黒時代を抜けて人気の出てきた大相撲。 このブログで少しでもプラスαの情報発信できれば嬉しいです。

横綱物語 イメージ画像

2017年09月

一時はどうなるかと言われた秋場所でしたが、終わってみれば決定戦まで堪能出来ました。さすがは横綱大関です。優勝レベルが低いなんてヤボなこと言っちゃだめですよ。そんな中、今場所実現しなかった残念なことが一つ。「貴景勝×阿武咲」戦です。幕内最年少の2人は幼い頃か

序盤戦、優勝戦線はどうなるかと思ってましたが、終わってみれば落ち着くとこに落ち着きましたね。「一番強い人が優勝する」今場所は久々感動する千秋楽でした。日馬富士の漢ぶり、横綱としてのプライドを見せて頂きました。何度も言ってますが、あの身体で綱を張ってるのは

終盤多少失速したものの、闘志溢れる相撲を連日見せてくれています。これである程度、全国にその名が知れ渡ったことでしょう。「阿武咲奎也」若手が上位に集まり、上位挑戦の意味合いが強かった名古屋場所。阿武咲だけが上位と当たらない位置でした。そのため、今場所は阿武

残念な意味で歴史的な場所になってしまいました。休場者の数もそうですが、顔ぶれがここまで大物ばかりになるとさすがにまぁニュースにもなりますね…そんな中、先日腹立たしい出来事がありました。日馬富士に対しての出場要請・・・ 前々回位のブログで、「今場所出場に踏

「北太樹-翔猿」初日の幕下最後の取組。激しい攻防のとてもいい内容でした。しかし内容よりも、一番目についたのが北太樹の真新しい黒廻し。長く関取の座を維持してきた北太樹、幕下の土俵は約10年ぶりです。稽古場も同様ですが、これまで長く使用してきた廻しは当然使えませ

↑このページのトップヘ