横綱物語

「横綱物語」へアクセスありがとうございます。 10代の頃に相撲に目覚め、自他共に認める相撲好き。 相撲の3要素「文化」「歴史」「観戦」を深めながら、今日も日々鍛錬中・・・。 番困る質問は、「誰が好き?」 全ての要素込みで相撲が好きなんで。 貴乃花親方を崇拝しています。何でかはいずれ・・・ あぁ吾輩も力士になりたかったw そんな相撲ブログ「横綱物語」。 スーファミのソフトの横綱物語とは関係ないです・・・ 暗黒時代を抜けて人気の出てきた大相撲。 このブログで少しでもプラスαの情報発信できれば嬉しいです。

横綱物語 イメージ画像

2017年12月

貴乃花部屋初の三役力士が誕生しました!色々な意味で注目される中での番付発表になったので、国技館には多くのマスコミが集まったようです。「晴れの日に親方が同席出来ずに可哀そう」「騒ぎのせいで親方が同席出来なかった」「部屋でなく、国技館でやるのは異例」様々な声

小さい頃から相撲をやっていたのは知っていましたが、いよいよデビューですね。待ってました。「納谷幸之介」君記者会見の様子など見ていても大物感漂い、清宮君以上のワクワク感を感じずにはいられません(笑)。ご存知の通り、大鵬親方のお孫さん、貴闘力のご子息。納谷幸之

マスコミ報道がいつの間にか、 「貴ノ岩と日馬富士」ではなく、 「貴乃花親方と相撲協会」に すり替わってきていますね。 現役時代同様、多くを語らない貴乃花親方に対して、 当初は擁護的だった世間からも、少しずつ風当たりが 強くなってきているような気がします。 そし

今回の騒動。各局面白がって報道したため、憶測や間違った情報が飛び交い、どれが真実なのかも分からなくなっています。話も暴行問題から、確執、互助会、八百長と益々話が広がっています。誰が正しいのか?何が本当なのか?早急な真実解明も重要ですが、今回の事件が相撲界

土俵外で連日報道合戦が繰り広げられた九州場所。日馬富士と照ノ富士が途中休場。宝富士、照強、誉富士も負け越しと、九州場所は伊勢ケ浜部屋にとって非常に厳しい場所になりました。どこかの番組で千秋楽パーティーの親方の様子を、「難しい顔」とか「暗い顔」とか言ってま

↑このページのトップヘ