横綱物語

「横綱物語」へアクセスありがとうございます。 10代の頃に相撲に目覚め、自他共に認める相撲好き。 相撲の3要素「文化」「歴史」「観戦」を深めながら、今日も日々鍛錬中・・・。 一番困る質問は、「誰が好き?」 全ての要素込みで相撲が好きなんで。 貴乃花親方を崇拝しています。何でかはいずれ・・・ あぁ吾輩も力士になりたかったw そんな相撲ブログ「横綱物語」。 スーファミのソフトの横綱物語とは関係ないです・・・ 暗黒時代を抜けて人気の出てきた大相撲。 このブログで少しでもプラスαの情報発信できれば嬉しいです。

横綱物語 イメージ画像

2018年07月

平成最後の名古屋場所で、平成生まれ初の日本人力士が優勝!語呂が良いというか、何というか(笑)以前、御嶽海は下には強いが、上には勝てないと書いたような気がします。今場所の番付は、最終的には上から3番目に位置していたわけで・・・そう考えるとまぁ順当なんでしょうか

いやはや荒れて?ますね・・・。場所前に優勝候補に挙げた3名が全員休場ですか。御嶽海頑張っています。優勝したらそれは評価すべきことで、来場所大関獲りの場所でいいと思います。始めに言っておきますが、今回は今場所の御嶽海の活躍を批判する内容ではないです・・・。暑

白鵬休場!って・・・・かなりビックリしました。支度部屋で滑ったという報道だったので、「え?」っていう感じでしたが膝ですか・・・。残念ですねえ。今回の怪我、軽い重い以前に、タイミングが悪すぎですね。今年に入ってから以前ほどの成績を残しておらず、世間からの目

うだるような暑さの中、今年も名古屋場所が幕を開けました。今場所の新入幕力士は2名、付き人時代からイケメンで名高かった琴恵光に比べ、あまり話題上ることがない立浪部屋の明生。20歳で関取昇進した後、大きな足踏みもなく今場所新入幕。今月誕生日らしいですが、まだ22歳

いよいよ名古屋場所初日が迫って来ましたね!稀勢の里の出場次第で、今場所の注目は大きく変わってきます。ということで、今回は稀勢の里の話題には敢えて触れません。さて、場所ごとにフレッシュさを欠いている上位陣ですが、今場所も優勝争いの顔触れに目新しさはないよう

↑このページのトップヘ