長野巡業で、貴乃花親方が稀勢の里に熱心に指導したというニュースを見ました。
「もっと大きく仕切れとか…」(土俵下からではありますが)
そう言えば、巡業部長になったばかりの巡業でも指導していましたね。
 
この二人、元は二所ノ関一門ではあるのですが、
それだけでなく、非常に共通点が多いと前から思っています。

史上希にみるスピード出世と期待の大きさ。
貴乃花引退以来の日本人横綱が稀勢の里。
お互いの師匠が元同部屋の兄弟弟子。
怪我をしながら土俵に上がって奇跡の優勝。

相撲に対しての考え方のベースが、
「土俵の鬼」 の流れを汲んでいるからなのか、
強さ以上に、「生き様」を示した土俵を務めています。
稽古の辛い部屋は多くありますし、
猛稽古を積んでいる力士も多くいると思います。
しかし相撲だけでなく、人生を相撲にかけ、
「生き様すべてが相撲道」と捉えている力士は、
そこまで多くないはずです。
そういえば、かって八百長問題が上がった時に、
若ノ鵬がこの二人を讃え、貴乃花を「本当のサムライ」と表現していました。
二人ともコメントがまったくテレビ向けでないところも似てるかもしれません(笑)

貴乃花親方が、稀勢の里がまだ大関の時代、
期待の力士の名前に「稀勢の里」を上げていました。
今年2月の大相撲トーナメントの表彰式では、
笑顔で何かを話しかけていました。
正直凡人にはわからないですが、
日本人横綱だからではなく、純粋に相撲にかける魂や、
横綱としての生き様を評価しているような気がします。
お互いに特別なコメントもしていませんし、真相はわかりませんけども。 

平成の大横綱貴乃花が引退したのは、30歳と5ヶ月。
奇跡の優勝と引き換えに負った怪我が治らなかったのが原因で、
奇しくも最後の優勝になってしまいました。

早熟晩成型の稀勢の里、
彼が念願の横綱昇進を果たしたのは、30歳6ヶ月。

貴乃花が立つことが出来なかった30歳6ヶ月から先の土俵。
勝ち取ることが出来なかった復活の賜杯。
稀勢の里の復活は、その先の横綱道へ続きます。


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
クリックお願いします。