日馬富士問題の影でだいぶ薄れている印象の、

「嘉風戦物言い問題」と「万歳三唱問題」

何もなければもっと話題になっていたはずです。
運がいいのか?悪いのか?

まず「万歳三唱問題」
SNSなどを見ていると賛否両論あるようですが、
個人的には非常に違和感を感じました。
ファンに対して、力士代表としての謝罪は良かったと思います。
しかし土俵の外でこれだけ問題が沸き起こった今場所。
警察の取り調べもまだ始まっておらず、
協会内のいざこざも出てきている状況で、
万歳三唱はなぁ・・・。やりすぎじゃないでしょうか?
今年一年の大相撲の大成功や、来年以降の繁栄に対して
だったとしても、過去の低迷期へ戻ってしまわないか
心配する人達もいる中、両手を上げて万歳とはいかないと思います。
場内がなぜあれほど盛り上がったのか?個人的に不思議です。
「自粛」というスタンスが必要かと・・・。
そして気持ちは分かりますが、二人の処遇に対してもあの場で
口にするのもどうかなと・・・。

一方「嘉風戦物言い問題」
こちらは万歳以上の問題ではないでしょうか?
横綱は全力士の挑戦を正面から受け止めるだけでなく、
相撲内容も真摯に受け止めなくてはいけません。
「木鶏タリエズ」は別にパフォーマンスのコメントではありません。
優勝インタビューでの幕内1000勝や、2020年まで現役発言など、
白鵬が横綱として追い求めているのは「数字」や「強さ」なのだと思います。
そして実際に残してきた物も、とてつもない偉大な記録です。
それは間違いなく相撲史の中でこれからも変わらずに
輝き続けることでしょう。
ただ何となく違和感を感じている人も多くいるはずです。

あくまで個人的な意見ではありますが・・・
横綱はチャンピオンではありません。
目標の数字や、土俵の取組結果だけでなく、
一つ一つの物事に対しての真摯な対応をとる、
もっと言えば生き方こそが横綱。
強いだけではなく、それこそが宿命を持った人がなる地位です。
何となく違和感を感じた人は、
白鵬とこの辺りで価値観が異なるのかもしれません。

日馬富士問題以上に思うことが沢山あった後半戦、
今回はそんな話題を取り上げてみました。
褒めたり下げたり大変だ(笑)

  にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
クリックお願いします。