マスコミ報道がいつの間にか、
「貴ノ岩と日馬富士」ではなく、
「貴乃花親方と相撲協会」に
すり替わってきていますね。

現役時代同様、多くを語らない貴乃花親方に対して、
当初は擁護的だった世間からも、少しずつ風当たりが
強くなってきているような気がします。
そしてマスコミ報道にも若干の悪意を感じます。
そもそもマスコミが張っている部屋に、
何度も封書を届けるパフォーマンスは必要でしょうか?
(力士や親方全員に敬意を持っているので、あまり言いたくないですが・・・)
「勤務時間内なので」って・・・
現役時代は早朝から稽古していたのに、
協会職員になった途端にサラリーマン発言とは・・・。

協会の言い分もたしかに分からなくもないです。
「理事としての報告義務」たしかにそうです。
ただ何となく、
貴ノ岩の怪我が実はいうほどでない(相撲がとれる)
→貴乃花親方が協会つぶしに利用したのか?
→執行部からの不満→協会内の混乱
こんな感じの流れに持っていきたいような気がしてしまいます。
(最後はマスコミだけか。)

あくまで個人的な意見ですが、
もし、本当に貴ノ岩を親方の意思で土俵に上げていないのだとしても、
それは協会に対して云々ではなく、あくまで相撲道に反した行動をしたので、
今はその権利はないと、親方が判断しているからのような気もします。

たしかに貴乃花親方のやり方は不器用かもしれませんが、
常に相撲のことをだけを考えて、
国技の発展や存続に命をかけてきました。
理事長の座を狙って云々言う声もありますが、
所謂「貴の乱」の時も含め、私利私欲のために
動いたことはないと思います。

今は静かに見守り、相撲ファンだけが集まる国技館に
早く戻ってほしいと思います。

ここのところ続いた訃報や、引退後に相撲界を去るケースなど、
元横綱が少ない現在の相撲協会。
貴重な矜持が出来る人たちが内部で揉めることも、
相撲界の大きな損害のような気がしてなりませんが・・・。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ

クリックお願いします。