いよいよ始まった秋場所。
今場所は3横綱揃い踏み。
そして”いきなりカド番”栃ノ心も戻ってきます。
御嶽海の大関とりも大きな話題です。

しかし何と言っても
「稀勢の里の進退かけた場所になる」
これが一番の話題であり、注目点であるのは
間違いないことだと思います。

温かく見守ってきた世間の声も、
徐々に風当たりが強くなってきており、
本人としてもこの辺りが勝負所だと、
感じているのではないでしょうか?

連日の稽古状態が報じられる中、
優勝争いや、横綱としての活躍を、
当り前のように思われている人がいるとしたらそれは間違いです。
正直なところ、これだけ土俵を離れていた状態で、
優勝はおろか、二桁も難しいと思います。
「勝ち越しと皆勤」これで十分だと思います。
昨秋から人気に陰りが出てきている相撲界。
彼の力はまだまだ必要です。
何より稀勢の里にはまだやり残したことがあります。
(こういう声が重荷になってる気もしますが・・・。)

秋場所の千秋楽をどういった形で迎えているか?
誰にも分かりません。

しかし稀勢の里のファンには、
最後まで全力で応援して欲しいと思います。
横綱が覚悟を決めて臨む場所。
ファンも覚悟を決めて見守るのみです。

初日勢、二日目貴景勝!

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
クリックお願いします。