先日のブログで、優勝よりも白鵬戦が大事と書きましたが、
一言・・・お見事でした。
何よりも相撲内容が素晴らしかったです。
そして今日の一番の持つ意味は、栃ノ心だけでなく
白鵬にとっても大きかったような気がしました。
横綱としてお互いに十分の右四つにがっぷり組んでの敗戦。
以前、白鵬の力が落ちてきたと言われ始めた時、
がっぷり四つで組んで栃ノ心を寄り切りました。
その時、まだまだ白鵬は強いと感じましたが、
今日は横綱相撲を逆に取られました。
昇進直前のゾーンに入っている時、
これまで以上に勢いがあるので、上位陣を総なめなど
時々ありますが、今回は普段の相撲で力負けしました。
栃ノ心が強くなったのか?白鵬の力が落ちたのか?
勢いの違いなのか?

これで現時点で3場所合計が、36勝。
うち優勝が1回(今場所優勝すると2回)。
これほどまでに完璧な大関昇進は記憶にないですね・・・。

ガチガチの四つ相撲である栃ノ心の相撲は、
今後大崩れしないと思います。
安定感を考えると、遅れてきた横綱候補になるかもしれません。

鶴竜には廻しを取らせない上手さを見せて欲しいですね。
その時、栃ノ心はどう対応するのか??
残り三日楽しみですね。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
クリックお願いします。