思えば少し前までワイドショーは、
貴乃花部屋を中心に、相撲の話題で持ち切りでした。
そしてその中心にいたのが、
貴ノ岩 でしたね。

土俵感の戻らない復帰場所こそ8勝に終わりましたが、
状態も戻った名古屋場所は13勝2敗での十両優勝。
実力の違いを見せつけましたね・・・。

寄り身や廻し切りの鮮やかさ、
投げを打つタイミング、
親方に似ている土俵際の腰の下ろしなど、
美しい相撲が戻ってきました。

十両決定戦の相手は、部屋存続危機の際、
親方を擁護した千賀ノ浦部屋の隆の勝。
何とも言えない決定戦でした。

そして謹慎明けの弟弟子貴公俊は、
勝てば幕下優勝の一番まで漕ぎつけました・・・。
(相手が高田川部屋の白鷹山なのもまたドラマ)

色々とエピローグ的な展開が盛り沢山だったように
思えた名古屋場所。

しかし貴ノ岩の優勝を、大きく取り上げた報道を
私は一切見ることがありませんでした。

頑張りよりも不祥事の方が数字になるのは分かります。
しかしあれほど「貴ノ岩、貴ノ岩」と騒ぎ、
モンゴルまで乗り込んだにもかかわらず、
今回の復活劇が大きく取り上げられていなかったのが、
非常に残念でした。

ともあれ、来場所は5場所ぶりの幕内土俵。
再び三役目指して、弟弟子達との出世争いを期待しています。

もしかすると私がワイドショーやら見てないだけで、
「貴ノ岩復活」的な報道や、モンゴルのお兄さんに
コメントもらいに行ったりしてたらごめんなさい!

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ

クリックお願いします。