1年6場所、各15日間=90日。
本場所の合間には、巡業や花相撲(断髪式とかトーナメントとか)と、
お相撲さんは以外に忙しいんです。


「一年を二十日で暮らすいい男」


江戸時代にはそんな風に言われましたが、いまや昔ですね。


さて、基本的なことですが大相撲の本場所は年6回。
結構知らない人も多いので・・・


1月:初場所(東京)
3月:春場所(大阪)
5月:夏場所(東京)
7月:名古屋場所(名古屋)
9月:秋場所(東京)
11月:九州場所(福岡)


これが年間の本場所スケジュールです。

奇数月に本場所。
かなりざっくりですが、地方場所の後は巡業。
断髪式などの行事は、東京場所の後に行うので、
2月、6月、10月は国技館での行事が多いようなイメージです。


前置きがかなり長くなりましたが、
今回は、各場所についての個人的な感想と見解(うんちく)をひたすら話します(笑)。


まずは初場所、一年最初の場所です!
たしか戦前は、1月場所と5月場所の年2回が本場所だったと思います。
歴史が古いんですね。


年末年始があるものの、年明けすぐに初場所があるので、
力士達は場所後にようやく正月モードになるというのを聞いたことがあります。


東京在住の私としては、学生時代長期休みにあたる初場所期間こそ、
相撲を見に行くのに一番適した時期でした。


風情ある街両国は、この時期まだまだ正月気分が残ります。
そんな街並みに、髷姿の力士は抜群に映えること映えること!
若い人にはぜひ足を運んでもらいたい場所ですね。
かなり遅めの初詣後にどうぞ(笑)。

夕食に鍋も美味しい季節ですし・・・


ちなみに初場所といえば、かの大横綱双葉山の敗れた一番が昭和13年初場所!
もうかなりの歳月が流れているにも関わらず、初場所になると今だに語られる

この偉大さ・・・。まさにレジェンド。いや伝説。


続いて春場所!
「荒れる大阪」なんて言われます。


個人的には、「途中荒れるものの、最終的には上位が優勝する場所」。
そんなイメージ・・・。


私が相撲マニアになったきっかけが春場所なんで、それなりに思い入れがあります。

卒業シーズンにあたる春場所は、新弟子が他の場所に比べて多く入門してくる場所なので、
「就職場所」なんて言われ方もします。
新序出世披露(新弟子が土俵の上で紹介される)も人数が多いので、
未来のスターに会える確率も高いはずです。

史上まれに見る大物揃いの就職場所といえば、花の63年春組が有名です。
(若貴、曙、魁皇など)


春場所といえば貴闘力の平幕優勝と、「大阪太郎」こと朝潮太郎。
栃若全勝決戦もこの場所だったんですね・・・。

最近じゃ豪栄道や勢の応援、ちょっと前だと大善母の応援が印象的です。


初場所と春場所は、例年野球のない時期であり、

夏季オリンピックやワールドカップ開催年であっても、

ここもかぶらない、相撲に集中できる場所です(笑)


気づいたら長くなったので、今日はここまで。

残りは次回で!
 

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
クリックお願いします。