長く相撲を見てくると、感動的だったり、奇跡的なシーンを見ることも多々ありますが、

今回は「奇跡だ!」と感動した力士の話。


中国籍初の幕内力士、蒼国来を知ってますか?

そうです、あのちょっと温和で、捨てネコだったモルと荒汐部屋で仲良く過ごす心優しき力士。

まだ三役や三賞もなく、闘志剥き出しのタイプではないので、お世辞にも

目立った力士ではないのですが、実は物凄いハートを持った力士なんです。

相撲界にとって、今や黒歴史となった2011年の八百長問題。

多くの力士や親方が処分されました。

あの事件、一般的に全員クビのイメージですが、初期に名乗り出た数人に関しては
2年(だったかな?)の出場停止でした。

ただし厳しい勝負の世界、1年も土俵に上がらないのは、肉体的にも精神的にも、
相撲感的にも、大きなハンデになりイコール引退を意味します。
当然彼らの選択も引退(勿論それだけではないですが)。
結局20名以上の力士や親方が土俵を去りました。

そんな中、法廷で争ったのが蒼国来と星風の二人。

結果、蒼国来は見事に勝利して、力士としての地位を取り戻します。


しかし正直なところ、名誉が守られたとは言え、
土俵へのカムバックは無理だと思っていました。

幕尻だった力士が、2年以上土俵から離れ、体重も落ち・・・。

協会も年寄名跡の都合をつけるなりして、
謝罪するなり引退相撲を盛大に行い名誉ある引退。
私はそう思っていました。
「絶対に大怪我をする」周りからもそう言われていました。


そもそも先の分からない状況の中、気持ちを切らさずにいるのは、

精神的に無理だと思っていました。


そんな雑音と心配の中、彼はずっと身体を鍛えており、気持ちを切らさずにいました。

あれから数年がたち、彼は当時の自己最高位を更新し、今も幕内で活躍しています。

温和な顔で、モルとたわむれる、ちょっと頼りなさそうな青年は、
実はとてつもない土俵への情熱を持ち続ける、奇跡の力士だったのです。
来年も蒼国来関に期待しましょう。
 

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
クリックお願いします。