前回から各場所についての説明?というか、
個人的に勝手な感想と見解?を書いています(笑)


早速ですが、今日は夏場所から。

初場所同様、戦前から開催されている歴史ある?場所です。
そんな夏場所では、ぜひ会場に足を運んで、幕内力士の場所入りを見て欲しいです。

大相撲では、地位により服装の規定があるのですが、自分の名前の入った

染め抜きを作り、着用して場所入りすることは幕内力士のみ許されている特権。

染め抜きで場所入りする力士は、「粋」そのものです。

ぜひご覧下さい!

染め抜き着用は、5月~9月場所までなので、名古屋場所で注目されることが多いのですが、
東京在住の私としては、染め抜きの先取りが出来る夏場所が個人的にオススメです。

(帰りは着ないので、場所の入に注目です。)
昔は浴衣らしい浴衣が多かったんですが、若貴時代くらいから、ピンクとか緑とか

鮮やかな色やデザインが増えてきて、本当におしゃれ。

かなり前に、千代大海が着ていた昇り龍?のデザインは本当に格好よかった。
最近では、照ノ富士のシロクマがお気に入り。

さて、土俵に目を向けると・・・
夏場所は、英雄が去っていく場所のイメージがあります。
夏場所の横綱引退数が極めて多いわけではないのですが、
「栃若、大鵬、千代の富士」といった顔ぶれの引退があり、何か哀愁を感じてしまいます。

夏場所もあまり波乱を感じる場所ではないのですが、

「千代の富士-貴花田」「貴乃花-武蔵丸」この二番をリアルタイムで見た世代としては、
かなりインパクトの強い場所です。

開催時期は、新年度を迎え、GWも終わり、そろそろ新緑の季節を
迎える何となくウキウキした時期。
温かくなり外出もしやすくなる時期ですので、ぜひ夏場所に行きましょう!

水を差すようですが、八百長問題の際、無料開放した技能審査場所も夏場所です。

個人的には、一番好き?な場所。


続いて名古屋場所

「荒れる名古屋!」

気温が高く、体調管理が厳しい季節なので、平幕優勝や、初優勝(その1回のみ)が

よく誕生する場所です。まぁ最近はほぼ荒れないですけど・・・

平成初期の琴富士、水戸泉の2年連続平幕優勝はもう二度と起きないのでしょう。

今思えば、本当に琴富士の平幕優勝は凄かったですね・・・。

今でも「荒れる」と聞くと琴富士の優勝を連想してしまいます。

金剛や高見山の優勝も名古屋場所なんですよね。

会場となる愛知県体育館は、本場所会場の中で最も古いのですが、以前の会場だった金山体育館は、
氷柱や酸素の入替時間があったほど暑かったので、冷房完備の現会場になった

時は話題になったそうです。(ちなみに売店数は、本場所一とか・・・)

しかし大きな身体の力士にとって、名古屋は本当に暑いんでしょうね・・・
灼熱場所とはよく言ったものです。

いつもと違う地方場所で、かつ体調管理のしにくい季節、
何となく荒れるの分かる気がしますね。
夏場所で書いた「浴衣」の件、名古屋場所は全開です。

ということで本日は打ち止め。
 

続きはまた次回。
 

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
クリックお願いします。