横綱物語

「横綱物語」へアクセスありがとうございます。 10代の頃に相撲に目覚め、自他共に認める相撲好き。 相撲の3要素「文化」「歴史」「観戦」を深めながら、今日も日々鍛錬中・・・。 番困る質問は、「誰が好き?」 全ての要素込みで相撲が好きなんで。 貴乃花親方を崇拝しています。何でかはいずれ・・・ あぁ吾輩も力士になりたかったw そんな相撲ブログ「横綱物語」。 スーファミのソフトの横綱物語とは関係ないです・・・ 暗黒時代を抜けて人気の出てきた大相撲。 このブログで少しでもプラスαの情報発信できれば嬉しいです。

横綱物語 イメージ画像

白鵬

先日、横綱白鵬が主催する「白鵬杯」が国技館で開催されました。白鵬の名前がついた大会なんで、アンチからすると「おいおい自分の名前付けて偉そうに・・・」とか思われるかもしれませんね。日本やモンゴルなど8つの国や地域から多くの子供たちが参加し、8回目を迎えたこの

日馬富士問題の影でだいぶ薄れている印象の、「嘉風戦物言い問題」と「万歳三唱問題」何もなければもっと話題になっていたはずです。運がいいのか?悪いのか?まず「万歳三唱問題」SNSなどを見ていると賛否両論あるようですが、個人的には非常に違和感を感じました。ファンに

上位陣の休場が嘆かれた秋場所同様、結果的に一人横綱に一人大関となった九州場所。横綱-大関戦も千秋楽の一番だけになりました。にも関わらず、そこまで上位陣不在を感じなかったのは私だけでしょうか??やはり白鵬がいると場所が締まります。平幕優勝もあるかといわれた秋

「白鵬の立ち合いはズラす立ち合い」名古屋場所12日目、解説の貴乃花親方の口から、再三こんな言葉が出ていました。アナウンサーとのやり取りの中でも、ア:「以前は踏み込んで廻しを取るような立ち合いが・・・」貴:「いや、白鵬は以前からズラすのが上手い・・・」ここ最

本人の口からではないものの、白鵬が帰化の方向になってきてるようですね。白鵬の帰化問題に関しては、以前話題にしたことがありましたが、世の中の声としては「帰化必須」の意見が強い印象を受けました。個人的には、実績はもちろん、経験や技術を角界から損失すること、相

↑このページのトップヘ