横綱物語

「横綱物語」へアクセスありがとうございます。 10代の頃に相撲に目覚め、自他共に認める相撲好き。 相撲の3要素「文化」「歴史」「観戦」を深めながら、今日も日々鍛錬中・・・。 番困る質問は、「誰が好き?」 全ての要素込みで相撲が好きなんで。 貴乃花親方を崇拝しています。何でかはいずれ・・・ あぁ吾輩も力士になりたかったw そんな相撲ブログ「横綱物語」。 スーファミのソフトの横綱物語とは関係ないです・・・ 暗黒時代を抜けて人気の出てきた大相撲。 このブログで少しでもプラスαの情報発信できれば嬉しいです。

横綱物語 イメージ画像

平成28年九州場所

今年も90日間終わりましたね。毎年「この相撲一番にて千秋楽に~」の声に、心なしかいつもより淋しさを感じる九州場所。今年も終わりか~。今年は最終的に3横綱全員が優勝、日本人力士も10年ぶりに優勝と、少し変化が出てきた1年。そんな九州場所の振り返り。さてまずは、「

気が付いたら更新日が一日ずれた・・・まぁいいや。あっという間に、いよいよあと二日ですね。「鶴竜」申し訳ないですがまさかの展開!序盤戦、トップに立ってもリードしている気がしませんでしたが、さすがにここまで来れば行けるでしょう。巧いんですが、どうも派手さに欠

さてさて九州場所!中盤に差し掛かってきました。場所前の話題組「豪栄道」と「髙安」奇しくも予想通りに・・・共にワンランク力をつけて再チャレンジして欲しいですね。 「白鵬」なんだかんだと、場所の中で調整しますねぇ・・・。「千代の国」負けても勝っても気風のいい

ついに達成しましたね、1000勝!ちょっと強引な例えですが、15番取る位置にいながら年間80勝上げて12年以上!いやはや凄い。1000の勝ち星も立派ですが、何より31歳の達成年齢と、その勝率がとんでもないです。1000勝の先輩二人の達成年齢は、千代の富士34歳、魁皇37歳だった

↑このページのトップヘ