横綱物語

「横綱物語」へアクセスありがとうございます。 10代の頃に相撲に目覚め、自他共に認める相撲好き。 相撲の3要素「文化」「歴史」「観戦」を深めながら、今日も日々鍛錬中・・・。 番困る質問は、「誰が好き?」 全ての要素込みで相撲が好きなんで。 貴乃花親方を崇拝しています。何でかはいずれ・・・ あぁ吾輩も力士になりたかったw そんな相撲ブログ「横綱物語」。 スーファミのソフトの横綱物語とは関係ないです・・・ 暗黒時代を抜けて人気の出てきた大相撲。 このブログで少しでもプラスαの情報発信できれば嬉しいです。

横綱物語 イメージ画像

平成29年初場所

稀勢の里優勝→横綱昇進で盛り上がっているうちに、初場所の話を何も書かないまま一週間が過ぎていました…(^-^; そんなわけで、今回は初場所の総括です。 稀勢の里に関しては沢山書きましたので、今回は稀勢の里ネタはナシでwww 「白鵬」とりあえず優勝争いはしたものの、
『平成29年初場所総括①【遠のく賜杯、横綱白鵬の想いはいかに・・・】』の画像

ついにやりましたね。稀勢の里とそのファンにとって、「嬉しい」という安っぽい言葉は使われたくないと思います。「感無量」とはまさにこの瞬間に使う言葉ではないでしょうか?優勝賜杯を抱くことは凄いことなんですが、今回ほどそれが難しいことだと感じたことはありません
『努力は必ず報われる【稀勢の里初優勝!笑顔を見せない漢の涙】』の画像

初場所もいよいよ後2日、上位陣がゾロゾロと脱落する展開になったものの、最終的に白鵬、稀勢の里と横綱大関で落ち着きそうな感じになってきました。 そんな中、最後まで優勝戦線に残っている貴ノ岩。先場所も結果的に負け越しでしたが、相撲内容は悪くなく、地力が上がって
『三年先の稽古【猛稽古が支える貴ノ岩の躍進】』の画像

先週末の天気のように、初場所ここまでまさかの荒れようです。初場所はあまり荒れるイメージないんですけどね・・・全勝の白鵬に土がつき、単独トップに立った稀勢の里。このまま走るかと思われたものの、まるでデジャヴを見てるかのように敗退。しかし白鵬が連敗。(もし今

初場所、残念ながら序盤で日馬富士が休場しました。一般的な日馬富士のイメージは、「白鵬に続く二番手の横綱」「小兵ながら頑張ってる」「全身全霊」「インテリ力士」 等々 他にもあると思いますが、こんなところでしょうか??前々から思ってるんですが、世間的に日馬富
『凄いことに慣れすぎた【改めて見る日馬富士の凄さ】』の画像

↑このページのトップヘ