横綱物語

「横綱物語」へアクセスありがとうございます。 10代の頃に相撲に目覚め、自他共に認める相撲好き。 相撲の3要素「文化」「歴史」「観戦」を深めながら、今日も日々鍛錬中・・・。 一番困る質問は、「誰が好き?」 全ての要素込みで相撲が好きなんで。 貴乃花親方を崇拝しています。何でかはいずれ・・・ あぁ吾輩も力士になりたかったw そんな相撲ブログ「横綱物語」。 スーファミのソフトの横綱物語とは関係ないです・・・ 暗黒時代を抜けて人気の出てきた大相撲。 このブログで少しでもプラスαの情報発信できれば嬉しいです。

横綱物語 イメージ画像

貴ノ岩

思えば少し前までワイドショーは、貴乃花部屋を中心に、相撲の話題で持ち切りでした。そしてその中心にいたのが、貴ノ岩 でしたね。土俵感の戻らない復帰場所こそ8勝に終わりましたが、状態も戻った名古屋場所は13勝2敗での十両優勝。実力の違いを見せつけましたね・・・。

今場所から関取が4名になった「貴乃花部屋」。相変わらず土俵外では報じられていますが、序盤戦の土俵はどう評価すべきなんでしょうか??まず兄弟子の貴ノ岩そもそも三役手前だったので、この位置では圧倒的なはずです。初日の翔猿も「格が違う」的な発言をしていました。し

白鵬と稀勢の里両横綱の休場が騒がれる中、貴ノ岩の出場が発表されました。九州場所の3日目から続く一連の騒動。「誰が良くて誰が悪い」という感じで報道されてきましたが、貴ノ岩が復活することが、本来最も大切なこと。出場を楽しみにしているんですが、一方で心配なのも事

いよいよ理事選を間近に控え、貴乃花親方をはじめとする、親方衆の周りがにわかに騒がしくなってきましたね。今朝の立浪親方の記事も正直どうでもいいし。「貴乃花親方の右腕」という書かれ方してましたが、そこ関係ないし・・・。陣幕親方がパーティー出席してても、別に義

初日2横綱が敗れた春場所ですが、何とか連勝しました。3日目終わって、横綱では鶴竜と稀勢の里が全勝。まだまだ序盤なので、これからですが・・・今日は結びに注目していました。トーナメントでも本場所なみに激しい相撲をとっていた稀勢の里と貴ノ岩。今日も素晴らし相撲で

↑このページのトップヘ