横綱物語

「横綱物語」へアクセスありがとうございます。 10代の頃に相撲に目覚め、自他共に認める相撲好き。 相撲の3要素「文化」「歴史」「観戦」を深めながら、今日も日々鍛錬中・・・。 番困る質問は、「誰が好き?」 全ての要素込みで相撲が好きなんで。 貴乃花親方を崇拝しています。何でかはいずれ・・・ あぁ吾輩も力士になりたかったw そんな相撲ブログ「横綱物語」。 スーファミのソフトの横綱物語とは関係ないです・・・ 暗黒時代を抜けて人気の出てきた大相撲。 このブログで少しでもプラスαの情報発信できれば嬉しいです。

横綱物語 イメージ画像

平成29年春場所

場所が終わった後も、色々と話題の多かった春場所。とりあえず一週間経ってしまいましたが、今日は春場所の総括です。今回は、個別で話題にした照ノ富士、次回個別で書きたい稀勢の里は除きます。【日馬富士】ブーイングの鳴り止まない中での取り組みや、稀勢の里を負傷させ

休場するほどの怪我を乗り越え、本割・決定戦と稀勢の里が劇的な連勝をし、22年ぶりの新横綱優勝!そして君が代が流れる中での男泣き。最高にドラマチックな結末を迎えた大相撲春場所。平成13年夏場所の貴乃花を彷彿させる見事な気力と、横綱の意地を見せてもらいました。

いよいよあと3日になった春場所! 3横綱が序盤から崩れる中、新横綱稀勢の里と、 弟弟子高安の田子ノ浦コンビが引っ張ってきました。 全勝対決! 先代に続き新横綱全勝優勝! 大関昇進! こんな声もちらほら出てくる中、 あの男が戻ってきました・・・ 照ノ富士です。

新横綱が好調で9連勝。弟弟子も9連勝。田子ノ浦部屋とそのファンとしては、この世の春といった所でしょうか・・・?高安は今場所素晴らしいですね、特に立合い。火の出るようなとはまさに今場所の高安。立合いで勝負がついている相撲も何番かありました。前回は、大関にはま

さて、序盤5日間終わりました。新横綱の場所は苦労すると言ったのですが、ここまで稀勢の里盤石ですね。あれ?いつから横綱だったっけ?というくらい落ち着いた相撲で、先輩横綱達を尻目に完璧ですね。そして弟弟子の高安も連勝スタートと、田子ノ浦コンビがここまで絶叫調。

↑このページのトップヘ