横綱物語

「横綱物語」へアクセスありがとうございます。 10代の頃に相撲に目覚め、自他共に認める相撲好き。 相撲の3要素「文化」「歴史」「観戦」を深めながら、今日も日々鍛錬中・・・。 一番困る質問は、「誰が好き?」 全ての要素込みで相撲が好きなんで。 貴乃花親方を崇拝しています。何でかはいずれ・・・ あぁ吾輩も力士になりたかったw そんな相撲ブログ「横綱物語」。 スーファミのソフトの横綱物語とは関係ないです・・・ 暗黒時代を抜けて人気の出てきた大相撲。 このブログで少しでもプラスαの情報発信できれば嬉しいです。

横綱物語 イメージ画像

貴景勝

貴乃花部屋初の三役力士が誕生しました!色々な意味で注目される中での番付発表になったので、国技館には多くのマスコミが集まったようです。「晴れの日に親方が同席出来ずに可哀そう」「騒ぎのせいで親方が同席出来なかった」「部屋でなく、国技館でやるのは異例」様々な声

相撲関連の報道が毎日のように続いていますが、肝心の本場所内容は特に触れてないのが残念です。白鵬の出来と、時間前の立ち合い、稀勢の里の状態が悪いこと、よく見ると上位陣がシャキッとしないなど、全て掻き消されている気がします。そんな中素晴らしい出来なのが、上位

一時はどうなるかと言われた秋場所でしたが、終わってみれば決定戦まで堪能出来ました。さすがは横綱大関です。優勝レベルが低いなんてヤボなこと言っちゃだめですよ。そんな中、今場所実現しなかった残念なことが一つ。「貴景勝×阿武咲」戦です。幕内最年少の2人は幼い頃か

いよいよ貴景勝が筆頭まで上がってきました!名古屋場所は上位陣への初挑戦!メチャクチャ期待しています。「強気で逃げずに立ち向かっていく」そんな姿勢を感じる土俵ぶりが素晴らしいです。立会い不成立で、何度か注意されたのち、これなら文句ないだろうとばかりにしっか
『飛躍の瞬間!【貴景勝上位初挑戦!】』の画像

さて、前回に引き続き夏場所の振り返り編です。前回は幕内上位がメインでしたが、今回は全体的な話。まず、宇良と貴景勝になぜ三賞がでない??宇良は前半戦の土俵をかなり湧かせたと思いますが・・・。選考委員会で4票?いやーあげるべきだったでしょう。そして貴景勝。こち

↑このページのトップヘ