横綱物語

「横綱物語」へアクセスありがとうございます。 10代の頃に相撲に目覚め、自他共に認める相撲好き。 相撲の3要素「文化」「歴史」「観戦」を深めながら、今日も日々鍛錬中・・・。 一番困る質問は、「誰が好き?」 全ての要素込みで相撲が好きなんで。 貴乃花親方を崇拝しています。何でかはいずれ・・・ あぁ吾輩も力士になりたかったw そんな相撲ブログ「横綱物語」。 スーファミのソフトの横綱物語とは関係ないです・・・ 暗黒時代を抜けて人気の出てきた大相撲。 このブログで少しでもプラスαの情報発信できれば嬉しいです。

横綱物語 イメージ画像

鶴竜

世間は鶴竜に冷たい。マスコミは鶴竜に触れない。昔から何気なく存在感の薄い鶴竜。横綱昇進も「ん~いつだったかなぁ・・・」。優勝する時も、先行組が終盤戦で失速、結果気づいたらトップでゴール・・・みたいな。ん?前にも何度か見たような・・・・鶴竜ファンの皆さん、

世間は鶴竜に冷たい。マスコミは鶴竜に触れない。昔から何気なく存在感の薄い鶴竜。横綱昇進も「ん~いつだったかなぁ・・・」。優勝する時も、先行組が終盤戦で失速、結果気づいたらトップでゴール・・・みたいな。ん?前に聞いたような書き出し・・・そんな鶴竜が復活優勝

世間は鶴竜に冷たい。マスコミは鶴竜に触れない。昔から何気なく存在感の薄い鶴竜。横綱昇進も「ん~いつだったかなぁ・・・」。優勝する時も、先行組が終盤戦で失速、結果気づいたらトップでゴール・・・みたいな。たまに名前を使われる時は・・・稀勢の里見たさに●万人。

九州場所まであと一週間を切ったので、今場所の注目!といった感じのテーマを書こうと思っていました。その矢先、「鶴竜休場」の文字が!!前回書いた阿武咲と並び、今場所注していたのが鶴竜の出場でした。何かと稀勢の里の人気ぶりのかませ犬的な存在として描かれることが

お台場巡業からついに巡業初の4横綱揃い踏みになりました!なかなかお目にかかれない豪華な光景に、お客さんもマスコミも大喜びかと思います。が、ここで思うのは、鶴竜には絶対に無理をせずに秋場所はしっかりと休んで欲しいということ。横審のコメントの影響もあるのでしょ

↑このページのトップヘ