横綱物語

「横綱物語」へアクセスありがとうございます。 10代の頃に相撲に目覚め、自他共に認める相撲好き。 相撲の3要素「文化」「歴史」「観戦」を深めながら、今日も日々鍛錬中・・・。 一番困る質問は、「誰が好き?」 全ての要素込みで相撲が好きなんで。 貴乃花親方を崇拝しています。何でかはいずれ・・・ あぁ吾輩も力士になりたかったw そんな相撲ブログ「横綱物語」。 スーファミのソフトの横綱物語とは関係ないです・・・ 暗黒時代を抜けて人気の出てきた大相撲。 このブログで少しでもプラスαの情報発信できれば嬉しいです。

横綱物語 イメージ画像

栃ノ心

不祥事の時、あれだけ「相撲」「相撲」と大騒ぎして、理事会の生中継までしてくれていたマスコミも、今回は日大の問題が面白いようであまり騒いでくれません。ならば言います、栃ノ心大関昇進おめでとう!自力はありましたが、ここにきて一皮むけたのか?ワンチャンスで決め

先日のブログで、優勝よりも白鵬戦が大事と書きましたが、一言・・・お見事でした。何よりも相撲内容が素晴らしかったです。そして今日の一番の持つ意味は、栃ノ心だけでなく白鵬にとっても大きかったような気がしました。横綱としてお互いに十分の右四つにがっぷり組んでの

気が付けば中日を過ぎて、9日目も終了。 強いですね、栃ノ心。覚醒したとでもいうんでしょうか?? 以前は中々自分の形になれなかったのですが、 今は踏み込みもよく、スムーズに自分の形になっています。 昔から右四つに組んだら強かったですが、 今は組んだら負ける気がし

ちょっと言いたいことがあります。昨年末の暴行事件がだいぶ鎮火してきたと思ったら、今度は「交通事故」に挙句は「暴力事件」。まあ問題を起こしたのが悪いんですが、せっかく相撲を取り上げるなら、ニコラスケイジ(栃ノ心)を取り上げてあげようよ。13日目の懸賞金4本ですよ

↑このページのトップヘ