横綱物語

「横綱物語」へアクセスありがとうございます。 10代の頃に相撲に目覚め、自他共に認める相撲好き。 相撲の3要素「文化」「歴史」「観戦」を深めながら、今日も日々鍛錬中・・・。 一番困る質問は、「誰が好き?」 全ての要素込みで相撲が好きなんで。 貴乃花親方を崇拝しています。何でかはいずれ・・・ あぁ吾輩も力士になりたかったw そんな相撲ブログ「横綱物語」。 スーファミのソフトの横綱物語とは関係ないです・・・ 暗黒時代を抜けて人気の出てきた大相撲。 このブログで少しでもプラスαの情報発信できれば嬉しいです。

横綱物語 イメージ画像

平成30年春場所

一人横綱の意地を見せた鶴竜の復活優勝で幕を閉じた春場所。個人的には、十四日目の十両の土俵で注目の取り組みがありました。「照ノ富士VS貴ノ岩」半年前であれば復活を目指す大関と、新三役を目指す幕内の対戦でした・・・しかし今は違います。そう、あの事件に同席した力

世間は鶴竜に冷たい。マスコミは鶴竜に触れない。昔から何気なく存在感の薄い鶴竜。横綱昇進も「ん~いつだったかなぁ・・・」。優勝する時も、先行組が終盤戦で失速、結果気づいたらトップでゴール・・・みたいな。ん?前に聞いたような書き出し・・・そんな鶴竜が復活優勝

「今場所の注目は?」そう聞かれたら、こう答えます。 「十両」そう、今場所の十両の土俵は注目度が非常に高いです。まずマスコミ的に大注目であろう貴ノ岩本来の力から言えば、そろそろ三役というところでした。実力者ではありますが、土俵感や稽古不足などを考えると、調

早いもので、月曜日は春場所の番付発表でした。白鵬や稀勢の里は出場するのか??一気に大関候補に躍り出た先場所覇者の栃ノ心。何だかんだで準優勝だった高安。こんな感じで書いていったら収まりませんが、この時期好角家達は各々の持論を述べて楽しむわけです。今場所は荒

↑このページのトップヘ