横綱物語

「横綱物語」へアクセスありがとうございます。 10代の頃に相撲に目覚め、自他共に認める相撲好き。 相撲の3要素「文化」「歴史」「観戦」を深めながら、今日も日々鍛錬中・・・。 一番困る質問は、「誰が好き?」 全ての要素込みで相撲が好きなんで。 貴乃花親方を崇拝しています。何でかはいずれ・・・ あぁ吾輩も力士になりたかったw そんな相撲ブログ「横綱物語」。 スーファミのソフトの横綱物語とは関係ないです・・・ 暗黒時代を抜けて人気の出てきた大相撲。 このブログで少しでもプラスαの情報発信できれば嬉しいです。

横綱物語 イメージ画像

初優勝

2016年の大相撲も、九州場所で終了しました。今年は5人の優勝力士や、10年ぶりの日本人力士の優勝など、(面倒だからこう書きます)例年よりバラエティーに富んだ顔ぶれ?になりました。しかしそんな中、彼の顔がありません・・・・。そう、稀勢の里・・・一番横綱や優勝に近く

ということで秋場所も無事に終わりました。力士の皆さん本当にお疲れました。最後に今場所の総括をしたいと思います。(豪栄道は既に書いたので省きます)「日馬富士」白鵬不在の中、かなり気負っている部分があったような気がします。以前書いた、優勝の翌場所良くないジンク

初優勝おめでとうございます!早いですか?いや、もう決まりでしょう。昨日は皮肉にも、先日書いた負けパターンになって、内容悪いにも関わらず勝利・・・。こんな時は首投げも決まっちゃうんですよね笑しかも横綱に。もう完全にキテます!カド番から一転来場所は綱取ですね

いやー豪栄道昨日も素晴らしい相撲でしたね。両差し後、止まらず前に出る、そして土俵際腰を落とし寄り切り。いつもの豪栄道は、相撲が止まると徐々に不利な体勢になり、苦し紛れに首投げを打とうとするも寄り切られる・・・こんなイメージですが、今場所は止まらない!出島

「本場所」それは日ごろの稽古の成果を発揮する場所。相撲界の全てが決める番付が決まる場所。力士達が命を懸ける場所。一番一番命がけの取り組み・・・とはいうものの、実際は15日間あるので、気の抜けた相撲や、あっさりと終わる相撲が多いのも事実。そんな中、個人的に命

↑このページのトップヘ