横綱物語

「横綱物語」へアクセスありがとうございます。 10代の頃に相撲に目覚め、自他共に認める相撲好き。 相撲の3要素「文化」「歴史」「観戦」を深めながら、今日も日々鍛錬中・・・。 番困る質問は、「誰が好き?」 全ての要素込みで相撲が好きなんで。 貴乃花親方を崇拝しています。何でかはいずれ・・・ あぁ吾輩も力士になりたかったw そんな相撲ブログ「横綱物語」。 スーファミのソフトの横綱物語とは関係ないです・・・ 暗黒時代を抜けて人気の出てきた大相撲。 このブログで少しでもプラスαの情報発信できれば嬉しいです。

横綱物語 イメージ画像

宇良

何年か前にマツコと有吉の番組で宇良の特集がありました。折からの相撲人気とも重なり、相撲ファンに広く名前が知られたのはその頃からだったでしょうか?たしかにアクロバットな技の数々は、面白いと思いましたが、角界に進むと聞いた時は「十両まで行けるかな?」が、正直
『追い越した人気【宇良の進む方向】』の画像

名古屋場所番付発表されましたねー。今場所マスコミ的に一番の注目は、新大関高安でしょう。新大関優勝を狙ってるらしいですが、もし成し遂げれば、9人目の快挙らしいです。ん?これまで8人って新横綱優勝よりは事例が多いのか。昇進した数が違うとはいえ、昇進の勢いに乗っ

巡業、本場所と相変わらずの相撲人気。ファンに囲まれる力士を沢山見かけます。お相撲さんは比較的フレンドリーではありますが、その対応はみんなバラバラ・・・。親切な力士もいれば、つれない力士もいる・・・。こうしたファン対応は非常に重要です。一つの対応が新しいフ
『人気があって当然【宇良のファン対応は素晴らしい件】』の画像

場所が終わった後も、色々と話題の多かった春場所。とりあえず一週間経ってしまいましたが、今日は春場所の総括です。今回は、個別で話題にした照ノ富士、次回個別で書きたい稀勢の里は除きます。【日馬富士】ブーイングの鳴り止まない中での取り組みや、稀勢の里を負傷させ

宇良、石浦、少し前では舞の海や鷲羽山・・・。小兵力士はいつの時代も人気があるものです。そんなときにいつも言われるのが、「もう少し体が大きかったら横綱だね」「もうちょっと背があれば・・・」いえ違います、この体だからこその相撲なんです、逆に小錦や曙だからあの
『小さな力士と大きな力士【舞の海、宇良、小錦、曙それぞれに上手さがある。】』の画像

↑このページのトップヘ