横綱物語

「横綱物語」へアクセスありがとうございます。 10代の頃に相撲に目覚め、自他共に認める相撲好き。 相撲の3要素「文化」「歴史」「観戦」を深めながら、今日も日々鍛錬中・・・。 一番困る質問は、「誰が好き?」 全ての要素込みで相撲が好きなんで。 貴乃花親方を崇拝しています。何でかはいずれ・・・ あぁ吾輩も力士になりたかったw そんな相撲ブログ「横綱物語」。 スーファミのソフトの横綱物語とは関係ないです・・・ 暗黒時代を抜けて人気の出てきた大相撲。 このブログで少しでもプラスαの情報発信できれば嬉しいです。

横綱物語 イメージ画像

日馬富士

楽しかったですね、総選挙。個人的には1位は貴乃花でしたが、ベスト10に出てくる顔ぶれは流石の面子でした。ん?舞の海?まぁね、解説してると結構広い世代で知名度高いですから・・・ちなみに各順位の票はどうだったんでしょうか?(1位票が一番入った力士とか)発表したのか

今場所で、4横綱になり3場所目。残念ながら全員が皆勤はまだありません。とはいえ、この豪華4横綱時代というのは昔から優勝争いはおろか、全員皆勤というのもなかなか難しいものです。そんな名古屋場所ですが、それぞれ違った立場で望みます。まずは、先場所は1年ぶりの優勝

さて、神対応シリーズ。一見怖そうで、以外に思うかもしれませんが、今回は、横綱。日馬富士公平これまで紹介してきた力士は皆さん関脇以下なので、比較的距離も近いですし、周りのガードもおおらかです。しかし大関以上になってくると巡業とはいえ付き人ガードも強く、横綱

前半戦終わりました。前々回書いたように、実力実績十分の二人が全勝。締まったいい場所になっています。白鵬も徐々にペースを取り戻してきており、日馬富士は「早強い」本来の相撲!そんななか、序盤戦から苦戦の連続、優勝戦線からも脱落した稀勢の里ですが、さすがの意地

白鵬の国籍問題が話題になることが多いため、「日本国籍の者のみ親方になることが出来る」という国籍ルールは、比較的メジャーになってきました。そんな中、以外に知られていないのが、外国人(外国出身)力士のルール。現在、「外国出身力士は、総勢40名各部屋1名」と決まって
『外国人は1部屋1人で良い?【外国人力士の在籍ルール】』の画像

↑このページのトップヘ