横綱物語

「横綱物語」へアクセスありがとうございます。 10代の頃に相撲に目覚め、自他共に認める相撲好き。 相撲の3要素「文化」「歴史」「観戦」を深めながら、今日も日々鍛錬中・・・。 一番困る質問は、「誰が好き?」 全ての要素込みで相撲が好きなんで。 貴乃花親方を崇拝しています。何でかはいずれ・・・ あぁ吾輩も力士になりたかったw そんな相撲ブログ「横綱物語」。 スーファミのソフトの横綱物語とは関係ないです・・・ 暗黒時代を抜けて人気の出てきた大相撲。 このブログで少しでもプラスαの情報発信できれば嬉しいです。

横綱物語 イメージ画像

旭天鵬

ついに誕生しました、旭天鵬率いる新生「友綱部屋」!先日誕生した鳴戸部屋に続き、日本出身以外の力士が起こした3つ目の部屋ですが、この部屋にはまた違った想いがあります。2000年代の相撲界を支えてきたモンゴル勢ですが、時代を作り土俵の主役になればなるほど、「日本人
『新生友綱部屋誕生!【もうモンゴル出身とは言わせない】』の画像

今日は相撲本の紹介。今回はモンゴルセットですwww「自伝 旭鷲山」旭鷲山モンゴル人初の力士、関取、幕内、三役、三賞。そして現在は国会議員?の旭鷲山。6人で来日しましたが、彼が一番出世が早かったです。当時外国人力士といえばハワイ勢。小さなモンゴル人が、異国の地
『自伝旭鷲山、気が付けばレジェンド【モンゴル時代夜明け前】』の画像

旭天鵬が友綱部屋を継承するとニュースで見ました。先日の琴欧州に続き部屋持ちになるわけですね。よく考えると、外国人親方(ここではあえてこう表記しますね)で、現在部屋持ちは武蔵川親方だけなんですね。(土俵ではモンゴル出身力士が頑張っていますが、親方はまだまだ日

↑このページのトップヘ