横綱物語

「横綱物語」へアクセスありがとうございます。 10代の頃に相撲に目覚め、自他共に認める相撲好き。 相撲の3要素「文化」「歴史」「観戦」を深めながら、今日も日々鍛錬中・・・。 一番困る質問は、「誰が好き?」 全ての要素込みで相撲が好きなんで。 貴乃花親方を崇拝しています。何でかはいずれ・・・ あぁ吾輩も力士になりたかったw そんな相撲ブログ「横綱物語」。 スーファミのソフトの横綱物語とは関係ないです・・・ 暗黒時代を抜けて人気の出てきた大相撲。 このブログで少しでもプラスαの情報発信できれば嬉しいです。

横綱物語 イメージ画像

照ノ富士

横綱稀勢の里が誕生後、何となく新時代みたいな雰囲気になっていますが、実際は他の横綱と同世代なわけで・・・。若手の上位挑戦が話題になった名古屋場所でしたが、上位定着はもちろん、その上を目指すにはもう少し時間がかかるかなという成績に終わりました。なかなか進ま

6日目、稀勢の里の休場に加え、照ノ富士も休場しました。照ノ富士が膝を痛め、出場と休場を繰り返すのを見るたびに思うのが、公傷制度の復活です。確かもう10年以上前くらい?の名古屋場所で、休場力士が多く、その辺りから見直しの話が出たような記憶なんですが、(違ってた
『照ノ富士休場に思う【公傷制度の復活を!】』の画像

さて、番付発表も終わり、いよいよ夏場所が始まります。前に書いたような気もしますが、夏場所が一番好きです。そろそろ幕内力士も浴衣の新調をする頃でしょうか・・・。私なりの今場所の見どころは。高安一番は彼です。優勝候補かもしれないです。前回の大関とりの際は、ワ

時々ある企画ですね、未来の番付。 ドキドキしますねー。 時々聞かれます。「次は誰が横綱になる?」 数年前は正直何とも言えませんでしたが、 今は期待の力士が結構います。 今日はそんなお話です。私としても数年前に思っていた上位陣とは、 だいぶ違う現在になってい
『少し先の相撲界【〇年後の番付表??】』の画像

白鵬の国籍問題が話題になることが多いため、「日本国籍の者のみ親方になることが出来る」という国籍ルールは、比較的メジャーになってきました。そんな中、以外に知られていないのが、外国人(外国出身)力士のルール。現在、「外国出身力士は、総勢40名各部屋1名」と決まって
『外国人は1部屋1人で良い?【外国人力士の在籍ルール】』の画像

↑このページのトップヘ